スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

バイオハザード ストーリー

 【10//2013】

バイオハザードのストーリー。
知ってそうで意外と知らなかったり。


いい機会だから振り返ってみましょう


バイオハザードI---

21世紀初頭。
全米No.1の巨大複合企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社。
その裏の姿は、細菌兵器の開発などを行う“死の商人”であった。


アンブレラ社



ある日、アメリカのラクーンシティに存在するアンブレラ社の秘密地下研究所「ハイブ」で、研究中のT-ウイルスが漏れ出すバイオハザードが発生。




Tウイルス・ワクチン



ウイルス発生時に研究所の各所が封鎖されたため、所員全員がT-ウイルスに感染し死亡した。
この事故を知ったアンブレラ社は、ハイブの制御コンピュータ「レッドクイーン」をシャットダウンするため、特殊部隊を現地へ派遣する。




次は 映画 バイオハザードのストーリーです。

出典
バイオハザード (映画) - Wikipedia
お気に入り詳細を見る
その頃、広い洋館の一室で記憶喪失の女性アリスが目覚める。


何も思い出せぬまま彷徨うアリスは、突然謎の男性に抱きかかえられ、
次いで突入してきた特殊部隊によって彼共々捕らえられる。


部隊長らしき男性から報告を要求されるも、アリスにはその言葉の意味がわからない。
部隊長らしき男性が言うには、記憶喪失の原因は屋敷の防衛システムが放出した神経ガスの副作用によるものとのこと。


また、アリスと共に捕らえられた男は「警官だ」と名乗るが、警察手帳に記載されていた「マット・アディソン」という名前は、警察のデータベースには存在していなかった。


隊員たちがマットとアリスを連れて屋敷の地下へ移動すると、そこにはハイブへ繋がる地下鉄道が敷設されていた。


一同は列車に乗り、バイオハザードの現場へ潜入する。



アンブレラ社公式HPみつけたw

スポンサーサイト

Category: バイオハザード ストーリー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

武器3種類セット同梱


バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
(早期購入特典「オリジナルカスタムパーツ」が付いた特別モデルの武器3種類セット同梱)

月別アーカイブ

ブログランキング



にほんブログ村 ゲームブログへ

ブログランキング

プロフィール

レベッカ

投稿者:レベッカ
バイオハザード大好き
チュキ♪(´ε`*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。